基礎ジニ学

医学部生

わたしは常に余裕をぶっこきギリギリを生きることで何かに追われていないと落ち着かない人間だ

わたしはどうも「スッキリしすぎている、ちゃんとしすぎている状態」が苦手でして。レポートは締め切りギリギリに提出、集合時間にはピッタリもしくは1分ほど遅刻で着く、部屋はあまり片付いていない、試験勉強は真面目な女子がやり出した後しばらくしてからやり始める。しかし今挙げたどれもこれも「極端にギリギリの状態」ではないのです。レポートは締め切りの3時間前には出すし、集合時間にものすごく遅刻するわけではないし、部屋に足の踏み場がないわけではないし、試験も前日に徹夜しなきゃいけないほどは追い込まれない。極端に、ではないけど、かなりギリギリを生きる性格。


なんでこんなに「ギリギリを愛する」ようになってしまったのだろう。父親も同じタイプだから遺伝に間違いないのだけれど、ではギリギリを生きているとき自分は潜在意識で何を考えているのだろう。と自分の内側を覗いたら「常に何かに追われていないと落ち着かない自分」が見えました。


早め早めに課題をこなす友人たち曰く「はやく終わらせてスッキリしたい。スッキリした状態で遊びたい。」早め早めに試験勉強をこなす友人たち曰く「はやめに試験対策をしないと不安だから。。」


みんなが課題を終えだした頃に課題をし始めるわたし「追い詰められた状態で集中するほうが結局のところ効率がいい。しかも先に課題を終えた人からアドバイスを聞ける。締め切り前にスッキリしているのはなんだか不安。」みんなが試験勉強を始めてしばらくしたころに勉強を始めるわたし「はやくから勉強してもダラダラしちゃうし、追い詰められた状態で勉強したほうが集中できる。アドバイスも聞ける。試験前にスッキリした気分でいると何か抜けているところがあるんじゃないかと不安になる。」


つまり、わたしはわざわざ「何かに追われていないと落ち着かない自分」を作り上げていたのです。みんなが試験勉強や課題をやりはじめたにも関わらず自分はまだやり始めていないときは「みんながやりはじめた。わたしもそろそろやらなきゃ。。」と焦りつつも、やらないことで自分をあえて追い込んでいたのです。自分はただのドⅯだったのです。


部屋があまりキレイではない、キレイすぎると落ち着かないのは常に「部屋、キレイにしなきゃ、片づけなきゃ…」と思っていたいからなのです。潜在意識はきっとそうです。が、わたしの友人たちを見ると「はやめに課題をこなす人間」も、わたしのように「ギリギリを生きる人間」も部屋が汚いひとは汚いし、キレイな人はキレイなんですよね。ギリギリを生きるかどうかと部屋がキレイかどうかは関係ないのかもしれません。。読まれている皆さんはどうでしょうか。


こんな余裕をぶっこきギリギリを生きる人間ですが、22年これで生きているのでちゃんとポリシーがあります。それは「他人に迷惑をかけない」ことです。あまりに遅刻するのは迷惑、レポート提出締め切りに遅れるのも迷惑、試験勉強で追い詰められて試験の日に朝起きれなかったらみんなに迷惑。まあ、自分の生まれ持った性格なので、迷惑さえかけなければギリギリで辛い思いをするのは結局は自分だけなのです。

献血に行ったら血圧が低すぎて献血できなかった話




というわけで、今日暇つぶしに献血に行ったら血圧が低すぎて献血できませんでした。(ドクター曰く収縮期血圧の下限は90らしい)以前この記事で書いたのですが、わたしは低血圧かつ血管迷走神経反射が起きやすく、献血でとても気分が悪くなったことがあります。このことは献血カードに記録されているので、検診ドクターに「今日は献血するの、やめとこっか」と言われて献血するのを諦めました。

jinhee.hatenablog.com

上記記事より抜粋↓

第2位 献血のあと上の血圧が68に

福井から帰省して大阪に帰ったその足で、梅田の献血バスに向かいました。朝、福井を出て何も飲み食いせず、昼に梅田でラーメンと餃子を食べました。水はこの昼ご飯のときにいっしょに飲んだだけです。そのあと献血バスをみかけて、なぜか社会貢献したい気分になり献血をすることにしました。


下の血圧は覚えていませんが、最初に測ったときは上の血圧(収縮期血圧)が108でした。わたしはもともと低血圧ぎみです。針を入れられて400mlの血液をとられ、針を抜かれた瞬間でした。


視界が白くなって吐き気がし、立つことができなくなりました。血圧を測られると上が68。この68が衝撃すぎて、下の血圧は忘れてしまいました。看護師さんに言うとすぐにベッドのリクライニングを倒して、わたしの脚を心臓より高い位置にあげてくれました。


アクエリアスを渡され、ちょっとずつでいいから飲んでくださいと言われました。アクエリをちびちび飲みつつ5分ごとに血圧を測られ、上の血圧が100より上になるまでは立たないでくださいと言われました。結局30分くらいはベッドの上に寝ていたと思います。ベッドを占領してしまって申し訳ない思いでした。


ドクターの話によると、この症状の原因は脱水だそうです。朝から何も飲まず、昼ご飯でラーメンと餃子、そのときコップ2杯ほど水を飲んだだけ。献血バスのなかでももらったお茶を一口二口しか飲みませんでした。


脱水でそもそもからだのなかの血液量が減っているのに、追い打ちをかけるように献血で400mlもの血を抜いてしまった。針を抜いたのが刺激になって血管迷走神経反射になったんじゃないかと考えています。


こんな反射はおきたことがないという人でも、献血を受けるときは
水分補給
をしておきましょう。


400mlの献血をするということは、からだのなかの水分が400mlなくなるということなので、少なくとも
ペットボトル1本分のお茶や水、アクエリアスなどのスポーツ飲料
を事前に飲みましょう。小腸から水分が吸収されるまでに時間がかかるので、直前にガバガバ飲むのではなく献血ルームに行く前から飲みましょう。口から入った水分が小腸で吸収されるのに30分はかかると献血ドクターがおっしゃっていました。たしか。


無理に献血をしてまた気持ち悪くなるよりは、別の機会にご飯をしっかり食べて血圧が高くなってから献血したほうがマシです。にしても普段は収縮期血圧が100mmHgは超えるのに、今日はなんて血圧が低いんだ。


(献血の検診ドクターは知り合いの先生であることが多くてドキドキするけど、今日は知らない先生でした)

noteで新しいマガジンを作ったので紹介します。

皆様、noteというサービスをご存じでしょうか?ブログとの違いはというと、自分の書いた記事を有料にできることです。


わたしはこのブログのほかに、前々からnoteで有料マガジンを書いています。マガジンはひとつで15記事100円。「ジニのちょっと突っ込んだ話」「ジニのちょっと突っ込んだ話2」ときまして、2が15記事に達したので「ジニのちょっと突っ込んだ話3」を作りました。


note.mu


3の一記事目は「スシローでわさびなすを食べたら不味いと思ったが、そこでまたスシロー愛が深まった話」です。スシローのわさびなす、召し上がったことがありますか?わたしは不味いと思いましたが、美味しいと思う人もこの世の中には多いようで…。


ブログと有料マガジン、何が違うねんという感じですね。ブログに載せられないような話、はてなブログよりnoteにいらっしゃる方々のほうが面白いと感じてくれそうな記事をnoteに載せています。このブログでわたしの日記っぽい記事、エッセイっぽい記事をいつも読んでくださっている方にはnoteのマガジンのほうが面白いと感じていただけると思います。


更新は不定期になりますが、ご了承ください。


過去にnoteにあげた記事のなかから自分的エッセイ10選を集めたものはこちらです。こちらは有料マガジンに入れずに無料公開している記事です。noteに登録していなくてもどなたでも読めます。
note.mu


以上、noteの宣伝でした。