jinheeの日記

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

デレステ始めました

f:id:jinhee:20170726212100j:image

 わたしの彼氏がアイドルマスター シンデレラガールズスターライトステージという呪文のような音ゲーアプリ(デレステと略すらしい)にハマっています。彼はわたしにもデレステをやらせたかったのか勝手にわたしのタブレットにアプリをダウンロードしていたので、わたしもやってみることにしました。(タブレットのロックパターンを覚えられてて驚いた)

 曲のリズムに合わせて降ってくる玉をタイミングよく押さえるゲームといえばいいでしょうか。太鼓の達人に似ています。デレステをやったことがない女の子友達の横でやってたら彼女に「これ、脳トレやん。脳トレ。」と言われました。「6,70年後の未来、老人ホームにきっと音ゲーが導入されてるわ。いまのお年寄りがカルタをやってるのと一緒で。若い頃の懐かしさをそそりながらの脳トレやで。」確かに。あり得る。

 そんなわけで、とりあえず飽きるまでデレステやってみます。渋谷凛ちゃん可愛い。

風呂で左右の体感温度が違ったから脳外科に行こうと思ったすごさ

 先のツイートを読んだとき、医学部に入る前、いや、臨床の講義を習う前だったら

「そうか、おかしいと思ったらすぐ動こう。そしたは治るかもしれないんだな」

程度に考えたのでしょう。しかし、臨床の講義を習い、病院実習を受けている現在だと感じ方は違うもので、左右の体感温度が違う、つまり温痛覚障害があったときに「これは脳外科にいかなきゃ」と思ったことがすごいと思いました。

 これを読まれているみなさんはお風呂に入ったとき右と左で温度が違うと「おかしいな」とは思うでしょうが、「脳外科にかかろう」と思いますか?「ちょっと変だけど様子をみよ」とか「皮膚の感じ方だから皮膚科かなあ」とか考えられると思います。ツイートされた方がその場で冷静にどの科にかかるべきかググったとして、「右 左 体感温度 違う」で引いてもなかなか「それは脳梗塞かもしれないから脳外科にいけ」とは出てきません。わたしが見つけた唯一の記事がこちら

 わたしにこの症状がでたとして「温痛覚障害だから脳外科に電話や!」とはなれない気がします。「この症状だから○○科にかからなきゃ」と考えるのは難しいのです。先生たちの話を聞くと、どうもそれは医者の世界でも同じようで、自分の患者さんになにか症状がでたとき、自分ではなんとかしきれないと思ったらそれを誰に相談するのか、誰に患者さんを送るのかでその方の予後が変わるのです。いまわたしは、そのために勉強しているといってもおかしくはありません。研修医になったところでいきなり誰にも相談せず一人で診察や治療ができるわけないんです。「これは指導医の先生に聞かなきゃ」「これは○○科の先生に相談しなきゃ」という風に考えるようになるために勉強しています。(もちろん、自分でいろんなことをやれるようにという意味もありますが…それ以上に人に相談するためだという話です)

 このツイートにある先輩という方は医療従事者なんじゃないかと思うくらいすごいなあと思いました。わたしもこんな風に、おかしいことが起きてもいま何がおかしいのかが分かって、それを解決できる人がわかる、もしくはすぐに調べられて、素早く詳しい人に相談できるようになりたいと思いました。

キツポリとゆるポリ

 オペのとき若手の先生がベテランの先生にこっぴどく怒られていると、わたしが怒られているわけではないのに自分まで怖くなり、かつ「学生のわたしが先生の怒られているところを見てしまってすみません」という申し訳ない気持ちになります。こんばんは。ジニです。

 病院実習(われわれはポリクリと読んでいる)には学生が実習をするうえでしんどい科とゆるい科があり、前者をキツポリ、後者をゆるポリと読んでいます。しかし、どの科であろうとも指導医の先生が誰に当たるかでしんどさは全然違います。キツポリの科でも体力的に楽に感じたり、ゆるポリの科でもきつく感じたりすることもあります。

 同じ班のメンバーに4月からずっとゆとりのポリクリをしてきたひとがいます(当たった指導医の先生がみんな学生の自主性を重んじる方々だった)。「いつか絶対ツケが回ってくるって」とメンバー同士言い合っていました。そしていま、ついにたくさん課題を課してくる先生に当たりました。実習中その人がすごく疲れている様は見ればすぐ分かるのですが、なんせ今までさんざん楽してきたのを見ていたので、申し訳ないけどこのシチュエーションは面白いなと思ってしまいます。ゆるいのばっかりが続くわけではないと証明されました。

 わたしはというと、いまはキツポリとされる科ですがゆとりある実習です。ゆとりあるといってもあしたは朝7時30分集合です。前の科で頑張ったのでこれくらいでちょうどいいです。

 ではおやすみなさい。

 (補足。ゆるいと感じるかキツいと感じるかが違うだけで、どの科でも一生懸命勉強してます。。)

デッドリフトで初めて92.5kgが上がりました

f:id:jinhee:20170723230856j:image
 きのうのスクワットに引き続きデッドリフトのMAXを測定しました。結果は92.5kg。6月初めに測ったときは78kgだったので、大分伸びました。この時は80kgが上がらなかった。。(こんだけ記録が上がったのは、多分トレ中にamino vital proを飲むようにしたから。次からはxtendにしてもいいかも)

 頑張ったご褒美、というわけではありませんが、近くにできた美味しいと話題のパンケーキ屋さんに行ってきました。私が食べたのはマカデミアナッツのパンケーキ。白いクリームが甘そうでいて全然甘くない!ふわふわで少し塩っぱい。二口目以降はメープルシロップをかけて食べました。

 水曜日にはベンチプレスの測定会をします。辛いけど、楽しみ〜🤣

スクワットで初めて70kg上がりました

 アクエリアスにはいろんな立場の人たちが摂取するのをやめた方がいいと説いている果糖ブドウ糖液糖がたっぷり入っていると知りつつ、「暑いしそんなの関係ねえ」とそれを飲み猛烈な量の汗をかきながら蒸し暑い武道場で空手を練習しています。こんばんは、ジニです。熱中症になりたくない。

 空手をやってるうちに「これ以上上手くなるには鍛えるしかないな」と気付き、トレーニングを始めて一年以上になりました。最初はruntasticというシリーズのアプリを一通りダウンロードしてアプリに言われるままこなしていました。しかし、runtasticは自重なのでステージが上がるにつれてどんどん回数が増えていき、辛いし時間がかかります。そこで高負荷低回数にできるウェイトトレーニングをはじめたのです。

 なぜ突然トレーニングについて語りだしたかというと、きょうスクワットのMAX測定をしたからです。max更新できたのが嬉しかったから語らせてくださいm(_ _)m

 6月始めにスクワットのMAXを測ったときは57.5kgでした。しかし、きょう測ったら、なんと70kgをあげれたのです!10kg以上増えました。筋肥大とフォーム改善のおかげだと思います。ちゃんと、フルスクワットにしているつもりです。プロのトレーナーさんが見たら甘いのかもしれないけど…。

 ウェイトトレーニングはただ身体が変わるだけでなく、数字が伸びるという嬉しさがあります。その嬉しさと、いっしょにトレーニングしてくれる友達のおかげでここまで鍛えることができました。

 最初は空手のためにという目的ではじめた筋トレでしたが、このごろはだんだんなんで筋トレしてるのか分からなくなってきました。空手がうまくなる、身体が変わる、数字が伸びる、すっきりする、友達との憩いの時間、etc.いろいろありすぎて一つに絞れないんですね。

 空手をしなくなっても、国試の前でも筋トレを続けたいなあ。

 最後に、ポリクリ班のメンバーで徒手筋力テストの練習をしていたときのこと。上腕二頭筋の検査をされる側になり腕に力を入れたら、メンバーに「ジニちゃん、いま腕の筋肉やばくなかった?もう一回見せて」といわれ、力こぶを作ったら「俺の腕より太いわ…」と言われました。女子には禁句かもしれませんが、あの、正直こう言われて嬉しかったのでちょっとみんなと違う世界に来つつあるのかもしれません。。

除毛クリームで手の皮が溶けてしまった

 手で塗れるタイプの除毛クリームを使って腕と脚の除毛をしたところ、手の指の手荒れしている部分の皮膚が何ヵ所か溶けてしまったようで、少し赤くピリピリするようになってしまいました。紙で手を切ったときみたいな、めっちゃ痛いわけではないけど地味に痛い。

 ピリピリする右手の親指、人差し指、中指、左手の親指、人差し指にバンソウコウをつけて手術見学しに行きました。最初は術野に入る予定だったので先生と手洗いしていたのですが、手洗いを半分以上終えたところで(外科の手洗いは行程が多いのです)先生が

「君、バンソウコウつけてたんだね。それついてると手が不潔になっちゃうからきょうは術野に入らずオペを見てもらうことにしようか」

とおっしゃったので、手洗いをやめました。

「その手、どうしたの?」

と聞かれたのですが、除毛クリーム云々を話すのは面倒だし恥ずかしいのでとっさに

「きのうジャガイモをピーラーで剥いてるときに怪我したんです」

と嘘をつきました。

「漫画みたいな手だね」

と言われました。たしかに。

 別にその場でバンソウコウをはがして手洗いしなおしてもよかったのですが、ピーラーで切ったことになっていたのでそうもいきません。

 結局その手術は、執刀医の先生の後ろに足台を置いて、清潔な物に触らないようにして術野をのぞき込む見学となったのでした。

  ちなみに、除毛クリームを塗って放置する前にちゃんと手を洗ったつもりでしたが不十分だったようです。次からはゴム手袋をつけてやります。