jinheeの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

noteでオススメのマガジンを5つ集めてみたよ。

スポンサーリンク

noteが流行っていますね。


わたしはブログを始める前からnoteをやっているので、イケダハヤトさんのおっしゃる「先行者優位」みたいな気持ちがあります。


以前からやっているというだけで、別に100円マガジンの売り上げがいいというわけではないんですけどね。。


学生で、クレジットカードの請求は親にいくようになっているので、あんまり爆買いはできません。ですが、自分も有料マガジンをやることで、ほかの方の有料記事を買うことに抵抗がかなり減りました。


きょうはわたしが課金したnote(+α)を紹介します。

①月額制のもの

②一回ポッキリのもの(なんか言葉悪いな。。)

に分けて紹介します。

①月額制のもの

一、「月刊はあちゅう」(はあちゅうさん、月500円)
note.mu



11月から購読しています。


とりあえずnoteを始めてみたし、有料記事を買ってみたいけど何から買っていいか分からない

というひとは、とりあえずこれを購読すればいいと思います。


noteでエッセイっぽいものを書いていると、自分の筆力の足りなさに気づきます。そんなときに「月刊はあちゅう」を読むと、この文章はすごいってなる。彼氏さんとの話はどれも読んでいてほっこりします。


二、「今日はどんな実験をしよう。」(イケダハヤトさん、月500円)
note.mu



今日から購読し始めました。


ご飯の記事がわりと好きです。普段はネットに火を放っているイケダさんが、ご飯記事ではリラックスされているのがいいです。

畑で採れた白菜がすごく立派で驚きました。無農薬ですし、育てるのは大変だと思います。すごい。


あと、下の記事はとても参考になりました。つい、漢字ばかりになっちゃいますもんね。


三、cakes(月500円)
cakes.mu


これはnoteの姉妹版サイトです。月500円でいろんな作家さんの連載を読めます。書籍化された本も多いです。


そのたくさんの作家さんのなかで、わたしが楽しみにしているのが


「それでも僕は、外科医をやめない」(雨月メッツェンバウム次郎先生)

です!


もうほんと、このエッセイのために月500円払っていると言っても過言じゃないわ。毎週金曜日に1つエッセイが更新されます。


きょうは学校が1日お休みだったので、過去の投稿を読みまくっていました。


外科医として毎日手術されるかたわらで、恋愛から医学までエッセイにできちゃうのですからすごいです。


医学ネタより恋愛ネタのほうが人気があるそうですが、わたしは医学ネタのほうが好きです。あんまり数はないですが。


この風邪の話とか
cakes.mu


がんの話とか
cakes.mu


医療者でないひとにも、病気にたいしてどう接したらいいかをわかりやすく書かれています。


男子校出身者はティンカーベルのように繊細な心の持ち主だったり
cakes.mu


外科医が昼ご飯でラーメンを食べるのは危険だったり(これは外科医じゃなくてもいえるかも)
cakes.mu


たぶん、このエッセイじゃないと知りえないことが満載です。


とくにわたしも医者になるので、このエッセイは月500円の価値があります。


もちろん、ほかの作家さんの連載も読めますのでご確認ください。




②一回ポッキリのもの(ほんとに言葉がわるくてすみません。。)

一、「サバのモノサシ」(迷子さん、38記事で380円)
note.mu


わたしは、noteをはじめた最初のころから迷子さんのファンです。

サバのモノサシも秒速で買いました。迷子さんは鋭いんですよ。あと、自分の傷をすごくうまく文章にしていらっしゃる。わたしにはこんなの書けません。「男の嘘」シリーズは続きが気になって仕方がなかったです。


二、「アラサーと学生の恋愛日記」(アラサー♀と学生の恋愛日記さん、300円)
note.mu


アラサーの筆者と学生さんの恋愛についてつづられています。年の差恋愛。わたくし、こういう話が好きなもので。毎回つづきが気になります。うまくいってほしい。応援しています。


三、「どうして着たい服を 僕らは着られないのか?」(もな48さん、300円)
note.mu


異性装について書かれています。これを書くのは精神的に大変だと思うんです。自分のうちに秘めたことを外に出して、しかも文章にするんですから。わたしの知らないことばかりです。もなさん、わたしは更新を楽しみにしてるよ。


あと、はあちゅうさんの「ブログ論~自分をコンテンツ工場にする方法~(1)」も読みました。これは単体で100円です。
note.mu




お金を払うと、無料では読まなかったものも読みますし、そんな記事に魅力を感じることがあります。
有料コンテンツはそこが大きいと思います。買ったことがない方は、なにか面白そうなものにポチっとしてみてください。



ここからは、わたしの100円マガジン「ジニのちょっと突っ込んだ話」の紹介を含みます。

ジニのちょっと突っ込んだ話」(15記事100円)
ジニのちょっと突っ込んだ話|ジニ|note




ジニのちょっと突っ込んだ話2」(つづき。15記事100円にする予定です。まだ1記事目。)
note.mu




自分も有料マガジンを作っていて感じたことがあります。
それは、

買ってくださる方も、有料マガジンを作られていることが多い
です。noteという場をどうとらえられているかが現れていますね。。



あと「ジニのちょっと突っ込んだ話」に入れていて、100円を出さないと続きを読めないようにしている記事があります。


それを購入しておらず、最後まで読めていないはずなのにスキをくださる方がわりといらっしゃいます。

いや、いいんです。「続きを読む」までで面白いと思っていただけたということだと思うんです。


でも、わたしがいちばん力を込めて書いたのはその

「続きを読む」のあと

です。そこにわたしが面白いと思うものがあります。


だから、できれば、できればでいいんですけど、その記事にスキを押してくださるかたは、マガジンか記事を購入していただけると嬉しいです!


画面の前で歓喜の舞を踊ります!!!奇声を発します!!!

それくらい、マガジンを買っていただくのはわたしにとって励みになります!!!そのお金でちょっとでも医学書を買う足しにできれば嬉しいです。(医学書は高いけど)




じゃあねっ