jinheeの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

先生から「先生」と呼ばれます

スポンサーリンク

医学部では、私たち学生のことを「先生」と呼ぶ先生が多くいらっしゃる。将来みんな医師免許を取るので「先生」だ。例えば、授業中、
「はい、先生たち~。静かにしなさい。」
「先生たちのなかで産婦人科に進む先生も何人かいらっしゃるだろうけれど~。」
文字にすると何を言っているのか分からない。教壇に立っている先生に「先生」と呼ばれるのは違和感がある。また、個別に質問に行ったとき
「○○先生、ここが分かりません」
「先生は、そうかここが分からないんだね。これは~。」
という感じで会話の中に先生が連発する。中国語なんかの一般教養の先生や、医学部の先生でも基礎系の先生は「先生」を連発することはあまりない。(医学部出身の先生のなかにはいる)主に学生のことを「先生」と呼ぶのは臨床のバリバリ現役医師の先生方だ。


最初は先生に先生と呼ばれるのがわりと恥ずかしかったし、
「なんでこの先生は自分のことを先生とおっしゃってるんだろう」
という疑問があったくらいだ。ただ、何度も、いろんな先生に「先生」といわれると、そういうもんかと思えるようになる。最近ではもはや何も感じなくなった。「君」と呼ばれるのと大して変わりない。


森本祥子さんが描かれた「研修医なな子」というマンガがある。このなかにも医者になりたてのひよっこ研修医たちがお互いを先生と呼び合う、看護師さんからの先生という呼び名に敬意は全く無いといったエピソードがある。(このマンガは医療もののマンガのなかで抜群に面白いのでオススメです)
研修医 なな子 1 (YOU漫画文庫)


この「先生」という呼ばれることに学生のころから何も感じなくなり、挙句の果てにそれが当たり前と捉えているのは医学生くらいではないだろうか。世の中に先生と呼ばれる職業はいくつかある。医師、教師、弁護士、政治家など。教育学部、法学部からは教師、弁護士以外の道を選ぶ人も多いし、政治家にはいろんな出自がある。そもそも、教師は学校の先生だけではなくて、ギターやダンスや茶道の先生だって先生だ。大学で先生が学生を「先生」と呼ぶのは医学部だけなんじゃないだろうか。


しかも、私は個別指導の塾でバイトをしていた。ここでももちろん先生と呼ばれる。実際、先生をやってるんだから当たり前だが、医学生ということで雇う塾からはかなり優遇される。ちはほやされる。ほかの大学のバイト教師より医学部というだけでずっと給料は良かったし、なにより教室長の対応が明らかに良かった。教室長、保護者、生徒の三者面談で「うちの塾には医学部の先生が何人いて」とおっしゃっているのを何度か盗み聞きした。医学部というだけで安心感があるし、バイトを辞めて欲しくなかったのだろう。(いまはこの塾のバイトはしていないが、まだ籍は置いている。教室長は本当にいい人で、勉強が忙しくてバイトを辞めますと言った時も、「またやりたくなったら電話してね」とおっしゃった。もう一度言うが、この塾の教室長は本当にいい人だ。)


人より勉強ができる医学部生は、人より給料がいいので家庭教師、塾講師をしている人は大勢いると思う。私の周りにはやたらめったらいる。医学部というだけで保護者に与える安心感はすさまじいものだろう。ここでもまた「先生」と呼ばれてちやほやされる。


だから、医学生の時点で「先生」と呼ばれるのが当たり前だから、医師になったら「先生」と呼ばれるのがさらに普通になってしまう。私はまだ学生だけど、このまま行くと街中で「先生」と聞こえただけで瞬時に振り返るくらい馴染んでしまう。私=先生。


こんな人間として大したことのない私が「先生」に慣れてしまったら、なんだかダメな気がする。大したことないのに、周りに「先生」と呼ばれると、無意識に自分は偉い、自分は目の前の患者さんより上位の人間だと思ってしまいそうで怖い。元々、意識の奥のほうで「これだけ勉強もして、成果も出してるのだから先生と呼ばれて当然」と思っているところがある。プライドが高い、、。


人様よりちょっとだけよくできる勉強の面では、人間の中身をいっぱい勉強した面では、治療法を必死になって覚えた面では、経験値は患者さんより上だ。だけど、人としては、人の器は、人生経験を重ねてきたり、病を治そうと必死の患者さんより上だというわけではない。19歳のころから「先生」と言われ続けることで、その大切な部分を無意識に忘れてしまう瞬間が来るんじゃないかとビクビクしている。


先生と呼ばれない配膳の仕事は楽しかった。パーティーや結婚式で食事を運んだり下げたりするお仕事。ここでも医学部ということでいろいろ話は聞かれたし、ちやほやされた。けれど仕事の中身は周りのベテランのおば様方が圧倒的クウォリティだったし、何より私のことを叱ってくれる人がいた。結局このバイトも向いていないと思い、試験もたくさんあったので辞めてしまったが、いい経験だった。医学生の皆さんは「先生」と呼ばれないバイトを一度でもしておくことをオススメ致します。


私はUSMLEの勉強や部活があるので、もうバイトはしないと思う。あと3年もすれば、先生とは名ばかりの、研修医としてこき使われる日々が来る。プライド高く、ほやほや生きる学生生活を満喫しようかの、、。