jinheeの日記

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

医学生は暗記量の多さに絶望したらラジオ体操しとき。

スポンサーリンク


f:id:jinhee:20160921090531j:image

(今朝は梨に蜂蜜をかけ、レンジで温めて食べました。梨は中医学的にのどにいいらしいです。美味しいので梨を手に入れた方はぜひ。)

スマホに「毎朝体操」というアプリを入れて、ここのところ毎朝ラジオ体操をしています。第1と第2を合わせて約6分。たかが6分されど6分。本気でやるとかなりキツいです。朝から筋トレやダッシュはキツいけど、なにかしら身体を動かしたいというひとはラジオ体操をやってみてはいかがでしょうか。

アプリの点数に一喜一憂しながら、点数の低いものはYouTubeでラジオ体操の動画を見てフォームチェックする日々。なぜか最後の深呼吸に点数の乱高下があるのですが、なぜかは分かりません。深呼吸のあとじっとしてなきゃいけないのかな。。

あの三島由紀夫が「太宰の悩みはラジオ体操でなくなる」と言ったそうですが、たしかに元気になる気がします。朝、ベッドでうだうだする癖があるのですが強制的に身体を起こしてラジオ体操をすると、「自分、やるやん。すごいやん。一日乗り切れるやん。」と謎の自信が湧いてきます。

自宅で勉強してるとき、休憩がてらラジオ体操をすることがあります。頭ばっかり疲れると気持ち悪いので、身体もほどよく疲れるとちょうどいいです。

覚えなきゃいけないことの多さに絶望した医学生はとりあえずラジオ体操しとけばいいと思います。