基礎ジニ学

医学部生

筋肉のせいで脂肪がわかる

スポンサーリンク

バーベルを使った筋トレのおかげで筋肉がついてきたのですが、その筋肉のせいで(おかげで?)逆に、身体についた脂肪がわかってしまうという現象が起きています。

 

 

どういうことかといいますと、身体を触るとまず底に硬い筋肉があり、その上にはフワッとした脂肪があります。筋肉があるがゆえに、その脂肪が筋肉の上で動くのが分かるんですよ。

 

 

例えば今、お腹を触ると、硬い腹筋が下にあって、その上の脂肪が動くのが分かります。この腹筋の上で脂肪がズレ動く感じ。。実に気持ち悪い(笑)

 

 

むかしは

 

「えー?身体は細く見えるのに、なんで体脂肪率が30%もあるんだろう???」

 

と思っていましたが、そのときは分かっていなかったんです。

 

 

お腹を触ると実にふんわりしていました。お腹は筋肉が少ししかなく、内臓から脂肪まで<ふんわりした物体>で埋め尽くされていたんです。脂肪が多いくせに脂肪感がなかっただけなのです。

 

 

ここんとこ「脂肪を落とすよりとりあえず筋肉をつけよう」と思ってタンパク質を一日100g程度とることしか考えていませんでした。

 

 

そろそろ脂肪がつきにくい食事に変えていかなきゃなあ。。糖質をとるタイミング、野菜、低脂肪のタンパク質。。

身体を変えるのはとても面白いことですね!