jinheeの日記

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

後輩がめちゃくちゃいい奴

 きょうの出来事はすべてこれに尽きる。。

女医の結婚3分の1ルール

 先生たちの間でまことしやかに語られる噂である「女医の3分の1ルール」。それは「女医の3分の1は結婚し、3分の1は結婚したのち離婚し、残りの3分の1は結婚せずに生涯独身のままで終わる」というもの。これに対し、「3分の1も結婚できないのか…」とか「結婚できてもこんなに離婚するんか…恐ろしい」と嘆く女子は多い。男性医師のなかには「男の医者はだいたい結婚できるけど、女性の皆さんは…まあ、学生時代か研修医のうちにがんばっていい相手見つけてください(笑)」と言う人もいる。

 先にあげた人たちは人生において結婚を重視しているか、結婚はみんながするから自分もしないといけないんじゃないかと感じてる人なんだと思う。でも、わたしは「医者になったら離婚しても独身でも女ひとりで生きていけるんやな。めちゃくちゃええ職業やな。」としか思わない。それだけちゃんとお金をもらえて、社会的にも高く認められた職業で、いろんな働き方があるということだからだ。「いつでも、どこでも、なにがあってもお金をもらえて、みんなに必要とされるのは医者だ」と思って医学部に来たので、3分の1ルールを聞いても「やっぱりわたしが思ってきたことは正しかったんだな。女がひとりになってもしっかり生きていけるんだな」という確信しか得られない。

 いつでも、どこでも、なにがあってもお金をもらえて、みんなに必要とされる。そんな効果を発揮する医師免許の威力は大きいし、まだ医師免許を持っていない学生のわたしは大きいことをほざいても所詮は「ただの人」なので、とりあえずこのまま医学部で普通に勉強しようと思うのでした。

成長したかったら人に質問しなきゃ

 わたしは昔から「この子はほっといても勝手にやる子」認定をされるようで、親にも先生にも怒られることなくそっとされて育ってきました。勉強なりスポーツなり、どうもわたしは指導者にとって手間のかからない子のようです。つい指導者のいないところで、ひとりで勝手に勉強なり練習なりしてしまいます。それはそれでいいことかもしれませんが、指導者の先生にもっと深く自分のことを見てもらえていたらもっと成長したのかなあと思います。

 こう思えるようになったのはつい最近のことなんです。ほっとかれるのは自分のためにはならないからちゃんと指導者に構ってもらわないと、でもどうやったら構ってもらえるんだろうと考えたとき、「あ、そうだ、質問だ」とやっと気づいたんです。質問はよっぽど気になることがあれば聞いてきたんですが、あんまり質問するのが上手くなくて先生と関わりを持たずに生きてきました。「そうだ、これがダメなんだ。だからほっとかれるんだ」と本当にやっとのことで気づいたんです。23年生きてきてやっと気づいたんかよと自分でも突っ込みたくなります。空手の練習も、もっと指導者の先生に質問しに行くべきだったな、そしたら西医体でもっと上に行けたかなと反省しました。自分から質問に行けば無理やり構ってもらえますからね。

 何が言いたいのかというと、今後の人生はもっと指導者の先生や、先生に限らずいろんな人たちにもっとたくさん質問していきたいなということです。気になったことはとにかく聞いて、一人にされないように、ほっとかれないようにしなきゃと思ったのでした。わたしはついほっとかれるから。

若い頃に無茶してもなあ

 20代、30代ですごーく仕事を頑張ったとしてそれはそれでいいことかもしれないけど、体調を崩したりその生活が40代、50代で生活習慣病になるきっかけになったら、そこで頑張って稼いだお金は医療費になって吹き飛ぶんだから、無理しすぎず筋トレと食事、睡眠、楽しい時間の確保に精を出したいなあと思いました。

 ただ、わたしが過ごす時間のなかで一番自分の特技を生かせるのは医者業だとも思うので、その仕事をすることはそれはそれでわたしの自己肯定、メンタルの保持に繋がりそうでもあり、要はバランスが大事なんですね、きっと。

その道を極める人にしかその道の難しさは分からないものだけれど

 外科の先生は「内科の仕事はAIに取って代わられるよ」って言うし内科の先生は「外科の仕事はAIに取って代わられるよ」って言うしどっちの先生も「病理と放射線はAIに取って代わられるよ」って言うけど病理の先生は「病理はAIが来ても絶対に人が必要」って言うから、結局その仕事の難しいところはその分野の先生にしか分からないんだろうなと思った。

(全員ではありません)

 わたしはどの道に進んでも他の道の険しさも理解しようとし続けたいな。

喫茶店になっているキウイ(?)

f:id:jinhee:20170826161104j:plain
 喫茶店の入り口にもっさりとした木と葉っぱが生い茂っていて、「ブドウかな?」とおもっているとキウイがなっていて驚きました。キウイってブドウみたいな木から生えてくるんですね。
 農協の直売所で近所で取れた5個2200円くらいするキウイを買ったことがあるのですが、小さくて固くて酸っぱくて、とてもじゃないけどニュージーランド産には及びませんでした。
 人にも植物にも、良く育つには適材適所があるものですね。

追記:キウイではなくサルナシかもしれません。