jinheeの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

医療費削減には筋トレがいい(ということを医学部のレポートに書きました)

 大学のちょっとしたレポートを書いたので、ちょっと書き直してここにあげておきます。テーマは「わが国が抱える老人医療の問題点とその解決策について」。800字以内なので短めです。もっと書きたいことがあったけど仕方ありません。真面目に書きました。

 

 

「わが国が抱える老人医療の問題点とその解決策について」

~筋トレが至高~

 

 老人はかかる病気が多いので、若者よりもたくさん病院に行く。「加齢と老化」の講義で習ったように、老化によっていろんな臓器が老いるからだ。すると問題になるのは国の医療費だ。保険は自己負担が3割なので、残りの7割はみんなの税金で支払われることになる。つまり、日本が高齢化すればするほど、国家予算に対する医療費の割合が増える。ニュースによると日本は他国から多額の借金をしていてそのお金を返せていないらしい。医療費が増えるとさらに借金をしないといけず、返済も滞る。国が医療費削減を掲げるのは仕方ない。
 最近私は筋トレにハマってて、大学のジムでせっせとバーベルとダンベルを持ち上げている。CBTの勉強以外の時間は「いかに筋肉を増やすか」ということばかり考えている。筋肉という字があれば目に入ってしまうので、講義を受けていると加齢による病気とその治療・治癒過程では筋肉が大切だということに気がついた。筋肉の衰えで病気になったり、治療の過程で筋肉をつけたり、治癒するのに筋肉が使われたりする。筋肉があれば肥満にもなりにくい。元気なうちに鍛えて筋肉をつけておけば病気や肥満を防げるし、病気になっても治りやすい。つまり、日本国民みんなが筋トレを始めたら医療費は削減すると考えた。
 しかし、日本ではまだ筋トレが根付いていない。ジムで筋トレをしていると言うと必ず「ジニは一体何を目指してるの?」と言われる。筋トレはマッチョやアスリートがやるものであって、そうでない20代女子がジムでバーベルを持ち上げるのは変だ。日本国民にそう感じさせる「空気」をまずは「筋トレして当然」に変えなければならない。そうするには筋トレ人口を増やすしかない。筋トレ人口を増やすには・・・・・・、このレポートを読まれている先生、とりあえず筋トレ始めてみませんか?

PMS(月経前症候群)で鬱になること

こんにちは。ジニです。

わたしは生理前に気分が落ち込みます。学校など用事があればやるんですが、なければ家でベッドの上に横になり涙を流し続けています。決して悲しい出来事があったわけではありませんが、なぜか涙が出てきます。そして少し「死にたいな」という気持ちになります。ひとり暮らしなので「皿洗いやらなきゃ。勉強しなきゃ。洗濯しなきゃ。」などと気持ちばかりが焦りますが、体が動かず何もできないのでさらに鬱になります。実家暮らしの高校生の頃は家族がいたためかこんなに体が動かなくなることはありませんでしたが、生理前は周りの子と比べて劣等感を強く感じ、ひとり部屋で落ち込むことが多かったです。

高校生の頃は気分の落ち込みが生理前に起きるということに気づかず、気分の問題だと考えていました。だから、できない自分により落ち込んでいきました。大学生になってようやく、これは生理と関係しているということに気づきました。どうも気分が沈んだ次の日から3日後くらいに生理が起こるようだ、と。

本格的に臨床の勉強が始まり、産婦人科の講義で月経周期とホルモンバランス、体温の変動、PMS月経前症候群)の存在を知りました。また、精神科の講義でうつ病について詳しく学びました。そして自分の体でも習った通りに体温が動くのかが気になって、基礎体温計を買い、朝起きたらそれを舌下に突っ込み口に加えて体温を記録するようになりました。

そしたらですよ。ちゃんと高温期と低温期が繰り返すんですよ。生理がきたら基礎体温が下がる。軽く鬱になるのは高温期の最後あたり、生理前だということに気づきました。「あぁ、そうか。涙が溢れて止まらないのは、悲しくて体が動かないのは体のなかでエストロゲンとプロゲストロン値が変動してるからなんや。子宮の壁を剥がすためにわたしの体が必死になってるんや。気分が落ち込むのは仕方がない。この状態になったら無理に何かをしようとせずに、生理が始まって気持ちが楽になったらやろう。」と思えるようになりました。

「生理前に鬱になる」と気づく前の状態を例えると、風邪をひいて熱が出たときに、それが風邪だということも、熱になったときの症状も知らなかったようなものです。どうしてしんどくなり体が動かなくなるのか、これはどうしたら治るのか、いつ治るのかさっぱり分かりませんでした。それがやっと、忙しさやストレス、環境の変化で免疫が弱り、風邪をひいて熱が出る、とりあえず暖かくしてゆっくり寝る、なにか栄養のあるものを食べる、そうしていたら一日二日で治ると気づけたような感じです。

もう生理前に気分が沈むのはホルモンバランスの関係があり仕方がないところがあるので、鬱になったら「なにかやらなきゃ」と無理に思わず、「元気になるまでベッドにいていいんだよ。体が動くようになったら栄養のあるものを食べよう。」と体に言い聞かせるようにしてじっとすると気持ちが楽です。

基礎体温を測ると、なぜだかわからずに気分が落ち込んで感情に体を支配されてる感覚から、「この気分の落ち込みは生理前の体だからゆっくりしていれば大丈夫」と自分を管理できてる感が生まれます。基礎体温計、おすすめです。わたしはこれを使ってます。

オムロン 婦人体温計 けんおんくん MC-172L:Amazon.co.jp:美容/健康

 

PMSについてはこちらのサイトがおすすめです。

知ろう、治そう、PMS【月経前症候群】

 

PMSと気長に付き合っていきましょう。

宇多田ヒカルFantomeの私による解釈

きょう耳鼻科の再試が終わり、宇多田ヒカルさんのニューアルバムFantome(フランス語が打てない)を買いました。いま、それを聴きながらこの文を書いてるんですが、いやほんと宇多田さん最高です。生まれて初めてツタヤでCDを借りたのが宇多田さんの”Heart Station”、それが中学生の時。そしてエヴァ新劇場版でBeautiful Worldを聴き、ラストフレンズでPrisoner of Loveが流れ出して涙を流し、「宇多田さん好きかも・・・!」と思っていたところの活動休止、否、人間活動宣言でした。宇多田さんの「くまちゃん」を勉強ノートに落書きしていたくらい影響されていたので、それはとても衝撃でした。きっとわたしより上の世代のひとは、突然彗星のように現れた10代の宇多田ヒカルに驚き、感動し、いなくなってまた驚いたのでしょう。彗星が出て、うわあ綺麗って言ってるうちに、あ、消えちゃった、って。中学生のわたしはその彗星の終わりのほうのキラキラ光る塵しか見れませんでしたが、8年ほどたってやっと見れました。大きくていろんな色を放ちながらこちらに迫ってくる彗星を。小娘の感想ですが、以前の曲より深みや愛が増したように思います。わたしが特に心揺さぶられたのが「花束を君に」にある

「毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く
ただ楽しいことばかりだったら
愛なんて知らずに済んだのにな」

です。朝ドラでよく聴いていましたが、この部分はちゃんと聴いたことがありませんでした。歌詞を見ながら曲を聴いていて、この部分で涙が溢れてきました。宇多田さんの詞と歌声はどこか心の弱い部分を揺さぶってきます。そして「桜流し」。YouTubeエヴァとコラボしたとても美しいMVを事前に見ていたのですが、この曲だけでも美しい。退廃的、エヴァの世界観が素晴らしい一曲です。宇多田さんが復帰してくださってとても嬉しいです。ありがとうございます。

左手を使う訓練

「もし右手が使えなくなったら左手で生活しないといけない。でも今のままでは左手を上手く使えない。だから左手を使う練習をしている」と言って授業プリントに左手でメモしたり、左手で箸を使っている友人がいる。それもそうだと私は思い、いつもは右手でやっていることを左手でやることが増えた。歯磨き、皿洗い、体洗い。昔、オレンジページの「脳を活性化する」特集に「利き手じゃない手を使う」というのが載っていた。左手を使うと脳が活性化されるらしい。脳が活性化うんぬんはよく分からないが、左手で歯を磨くとうまく歯ブラシを動かせない。思うように身体が動かないもどかしさ。きっと程度の差こそあれ、リハビリ中はこの思いで頭がいっぱいになるのだろう。右手のケガ、右脳の損傷、その他右手が使えなくなる疾患諸々。今これになったらマズい。せめて左手を使えるようになってからにしてほしい。ケガや交通事故には気をつけようと改めて決意する昼食後の歯磨きタイム。

そういえば、以前部活の先輩が右手をケガして固定しているときがあった。先輩、右手が使えないと大変じゃないですか?と聞くと、ちょっとほほえみながら右手を見て「要介護だね」とおっしゃった。部飯でその先輩は左手で器用に箸を使いながら煮魚を食べていた。骨の取り方も素晴らしい。とても器用な人なんだな、と思っていた。追いコンのとき、その先輩が将来マイクロサージェリーをやりたいとおっしゃっていて、向いてる、絶対向いてる、左手で綺麗に魚を食べられる人がマイクロサージェリーに行くべきだとうなずいた。しかしなんでまた手が器用な先輩の話をするのかというと、ほほえみながらの「要介護」も、包帯で包まれた右手を垂れ下げながら左手で綺麗に煮魚を食べる姿もとてもセクシーだったからです。私は左手で歯磨きをしながら「あのときの先輩、、よかった、、」なんて思い出し、不器用に左手を動かすのでした。

ブログを書かなかった3ヶ月について

西医体(西日本医科学生体育大会)空手道部門で組手・形ともに思うような結果を残せず、「あんなに頑張ったのに何の成果も残せなかった」と大会後自宅に帰ってハムスターのちくわちゃん相手に泣いた8月はじめ。4年生前期は、主将のお仕事、度重なる試験、その中で大会に向けて組手と形を両方練習。そういやあの時期口唇ヘルペスができたこともあった。耳鼻科にも落ちた。なかなかにストレスを感じていたのだろう。そもそも「あんなに頑張ったのに」と思ってる時点で西医体前全然練習を楽しめてないやん、甘いやんと気づいたのが実家に帰省した西医体の次の週。「組手も形も両方やりたいけど、わたしにそのキャパシティーはない。試合はどっちかに絞ろう。」そこでわたしは形を選び、形の中でもっと強い敵を倒せるようになると決めた8月中旬。帰省から戻り、耳鼻科再試の勉強をしながら気晴らしに武道場に通い始めた8月下旬。気晴らしで形を覚えているうちに、公相君大とニーパイポを最初から最後まで覚えてしまった。合っているかは謎だが、これで師範代に見てもらえるし質問もできる。現実逃避はなんて楽しいんだろう。そう感じた9月中旬。気晴らしとしてはほかにも、他大の全学空手部の練習にも参加したり、武生の猫寺に行ったり、シン・ゴジラを3回観たりした。また、長野は上高地・松本で一泊したりもした。本当にこれらの現実逃避は楽しかった。結局何が書きたいのかというと、ブログを書かなかった時期のわたしの楽しみは現実逃避にあった、なんとなく目の前の現実はわたしにプレッシャーをかけてきてそこから逃げたかった、わたしの目には世界がそんな風に見えていたということでした。終。

耳鼻科再試の勉強をしています

7月にあった耳鼻科の本試に落ちてしまった。再試はちょうど来週の木曜日。あと一週間を切った。先生に「再試は難し~くするからな!本試は簡単だから本試で受かれよ」と授業中言われていたにも関わらず落ちた。勉強はしていたつもりだが、たぶん、臨床の勉強をナメていたのが再試につながったのだろう。もちろん勉強はしたし、試験をとても簡単に感じたけれど落ちた。見直しを全くせずに答案を出したので、番号がズレていたのかもしれない。それまでの試験は3日くらい勉強したらなんとなく受かってしまったので、臨床の勉強をナメていたのがここにきたのだろう。再試は耳鼻科の教科書を丸々一冊覚えてなんとか書けるレベルの記述(専門医試験レベルだとか・・・)、その他生理学、病理、口腔外科も記述になる。一個上の耳鼻科に落ちた先輩に聞いたところ、去年は「学生の間で耳鼻科再試によく出る問題リスト」が回ってきたらしいが、そんなものは回ってこないし持ってそうな人に聞いてもないと言われるのでリスト入手はあきらめている。解剖のアトラスを参照しながらStep耳鼻科という教科書を音読→授業プリント見直し→病理・解剖・組織の教科書から関係あるところを通読という感じでこの1ヶ月以上自宅軟禁になって勉強してきた。いまStep耳鼻科の太字の部分を書きながら再び読み進めている。同学年の友人達がハワイに行ったりディズニーランドに行ったりしているなか、わたしは福井の自宅に引きこもり。旅行に行けないのは悲しいことだが、お金をかけずに充実した時間は過ごしている(常にプレッシャーを感じながらだが)。まず、家で勉強するから自炊だし、教科書さえ買えばいいし、光熱費もそこまで大した値段ではない。ずっと家にいてもしんどいので、ほぼ毎日歩いてすぐ行ける武道場で形を練習したところ、なんと公相君大とニーパイポを覚えてしまった。勉強の合間に筋トレしたら身体は鍛えられるし、リフレッシュにもなる。だから、コスパがいい。再試には引っかかりたくなかったし、落ちるとは思ってなかった。けれど耳鼻科の勉強をしているうちに脳神経の勉強にもなったし、頭頸部の解剖もめちゃくちゃ復習したし、耳鼻科だけでない幅広い勉強になった気がする。来年1月にあるCBTの対策にも自然になったと信じたい。というわけであと一週間は空手を休んで、勉強に専念します。耳鼻科で留年は嫌だ。再試に受かります。

医学生は暗記量の多さに絶望したらラジオ体操しとき。


f:id:jinhee:20160921090531j:image

(今朝は梨に蜂蜜をかけ、レンジで温めて食べました。梨は中医学的にのどにいいらしいです。美味しいので梨を手に入れた方はぜひ。)

スマホに「毎朝体操」というアプリを入れて、ここのところ毎朝ラジオ体操をしています。第1と第2を合わせて約6分。たかが6分されど6分。本気でやるとかなりキツいです。朝から筋トレやダッシュはキツいけど、なにかしら身体を動かしたいというひとはラジオ体操をやってみてはいかがでしょうか。

アプリの点数に一喜一憂しながら、点数の低いものはYouTubeでラジオ体操の動画を見てフォームチェックする日々。なぜか最後の深呼吸に点数の乱高下があるのですが、なぜかは分かりません。深呼吸のあとじっとしてなきゃいけないのかな。。

あの三島由紀夫が「太宰の悩みはラジオ体操でなくなる」と言ったそうですが、たしかに元気になる気がします。朝、ベッドでうだうだする癖があるのですが強制的に身体を起こしてラジオ体操をすると、「自分、やるやん。すごいやん。一日乗り切れるやん。」と謎の自信が湧いてきます。

自宅で勉強してるとき、休憩がてらラジオ体操をすることがあります。頭ばっかり疲れると気持ち悪いので、身体もほどよく疲れるとちょうどいいです。

覚えなきゃいけないことの多さに絶望した医学生はとりあえずラジオ体操しとけばいいと思います。