基礎ジニ学

医学生の読書記録・韓国語勉強記録・日常です

夜のコーヒーから逃れられない


f:id:jinhee:20181201202713j:image

 

夜7時。この時間のコーヒーはなんて美味しいんだ。コーヒーはやめよう。もう飲まないぞ。そう何度決意したか。心臓がバクバクするし手汗をかくし歯に汚れが付く。眠れなくなる日もある。もう買うのをやめるんだ。なのにまた買ってしまう。そんなに大したものではない。そこら辺のBlendyのインスタントコーヒー程度だ。もう買わないぞと思いつつ近所のスーパーに買い物に行ったら足がコーヒーコーナーに向かってしまう。もうイヤだ。うんざりだ。


飲むのも朝だけならまだいい。まどろむ昼のおやつとコーヒー。最高だ。昼以降のコーヒーはやめたほうがいいのは分かっている。でも眠い午後のコーヒーが美味しい。つらい。そして、夕飯後の夜7、8時。この時間に強烈な疲れと眠気が来るようで、毎日毎日こう思うのだ。


「ああ、コーヒー飲みたいな」


もうやめて!夜のコーヒーはあかん!ほんまに寝れんくなる!『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』の著者さんも書いてた!「だいたい午後2時以降、または就寝前の短くても8時間は、コーヒーを飲まないこと。そうすれば睡眠を犠牲にせず、カフェインの認知に与えるメリットを充分に享受できる。」って!脳のはたらき的にもあかんねん、夜のコーヒーは!


心穏やかな日は夜のコーヒー欲に耐えられる。でもバイトの後、試験の後、頑張った一日の終わり。お酒を飲んでスヤアと眠りにつけばいいのに、なぜかわたしはコーヒーを沸かしている。なんでアドレナリン出した後にまた覚醒しようとしてんねん。ほんまに意味がわからん。ちなみにお酒はあまり飲めない。


もうブラックコーヒーの酸味と苦みから逃げられないのだと思う。スタバに行ったらバカみたいに何も入ってないドリップコーヒーしか頼めない病。たまには季節限定なんちゃらフラペチーノとか頼んでみたいのにわたしはドリップコーヒーショートサイズでと言ってしまっている。安上がりな人間なのだと思うことにする。


じゃあカフェインレスならどうなんだ?と言われると、うん、それがとても良いのだ。夜飲んでも覚醒しにくい。が、カフェイン入りの時は「眠れなくなるからやめておこう」と思えたのがカフェインレスだと「夜飲んでもオッケー」となってしまい、朝晩飲んでしまって非常に減りが早くなってしまう。アホみたいにコーヒー豆が減ってしまい、結局よりたくさんお金を注いでしまうことに気づいた。よく飲む分、歯も汚れる。結果、カフェインレスもあんまりよくなかった。


もう買わない、コーヒーは買わないぞ!と決意し数週間経つことがある。その間わたしは機会喫茶のみで(機会飲酒的な)、スーパーに行ってもショッピングモールに行ってもコーヒーを買わないことがある。しかし、そんなときでも親からの仕送りの荷物には100%入っているのだ。コーヒーの粉が。しかも普段わたしが買うものより高級なものが。


そしてわたしは飲んでしまう。美味しいなと思い1日1、2杯飲んでしまう。心臓の早くなった鼓動を感じながら前歯の裏側の着色汚れを見て思う。これはもう、やめられないのだ、と。まどろんだ怠い身体にコーヒーが入って末梢の血管が脈打ち手汗が出て頭のもやが消えていくのが快感なのだと。


贈り物をくださるときはお酒よりコーヒーのほうが嬉しいのでよろしくお願いします。

僕はわたしで、わたしは僕で

ビートルズをよく聞いていた中学生のころ。初めてカーペンターズのアルバムを聞いて驚いた。カーペンターズビートルズの"Ticket to Ride"をカバーしていたからだ。すぐにはカバーだと気付かなかったのだが、それはカーペンターズ版のテンポがゆっくりしているのと、曲の主語にあった。ジョン・レノンはSheと歌っていたのにカレン・カーペンターはHeと歌っている。聞き間違いかと思って歌詞をみると確かに主語が違った。不思議に思って調べると、英語圏では男性歌手が女性について歌う曲を女性がカバーするとき、男性についての曲に変えるそうだ。女性の歌を男性がカバーするときもまた然り。

 

日本ではそんなふうに他人の曲をカバーするとき男女に合わせて三人称を変えるなんて聞いたことがなかった。三人称を変えると、曲の設定が大きく変わる。男性が「僕は君を想う」と歌う曲が女性が「わたしはあなたに恋してる」曲になるのだから。徳永英明は女性ボーカルの曲をオリジナルそのままに歌うじゃないか。

 

カバー曲とは話が変わるのだが、日本では男性が女性の心情を歌い、女性が男性の心情を歌う曲がたくさんある。男性が「あたし」と歌っても、女性が「僕」と歌っても普通に受けいれられる。英語では一人称は同じ'I'なので、男性が女性の気持ちを、女性が男性の気持ちを歌う「どこか中性的な違和感」を出すことはできるのだろうか?

 

その興味は韓国語にもある。2018年夏に放送された韓国Mnetの「PRODUCE48」。韓国の人気プロデュース番組と日本のAKB48がコラボした番組で、視聴者投票で12人のメンバーが選ばれ一つのグループとしてデビューするという内容だった。現在、そこで選ばれた上位12名(うち日本人3名)によるグループ「IZ*ONE(アイズワン)」が主に韓国を拠点に活動中である。

 

そのPRODUCE48の最終話にて。ここまで投票による選抜がかけられおり、残ったメンバーが最後のステージを披露した。この時点ではまだデビューする上位12名は発表されていない。「このメンバーのなかから誰がデビューできるのか」「推しは脱落してデビューできなかったけど、誰かデビューするのか気になる」「推しがデビューできるかもしれない!」と視聴者はみんな様々感じながらステージを待っていただろう。

 

そこで披露された一曲が秋元康作詞「好きになっちゃうだろう?」である。韓国人メンバーも多いが、すべて日本語で作詞された曲であった。

 

 


[ENG sub] PRODUCE48 [최종회] 반해버리잖아? 최종 데뷔 평가 무대 180831 EP.12

 

君のそんな涙を見ちゃったら

もう好きになっちゃうじゃない

全力で打ち込む姿

いつだって美しいよ

応援したくなる

I'm on your side

I'm on your side

I'm on your side 君しか見えない

ボ、ボ、ボクはミ、ミ、ミカタ

これから頑張れ

 

PRODUCE48で頑張ってきたメンバーたちを励まし応援する曲である。一人称は僕なのに「君のそんな涙を見ちゃったら もう好きになっちゃうじゃない」と女性的な言い回しもある。どこか中性的な曲だと思う。

 

この曲の韓国語字幕での主語は「나(ナ)」だ。韓国語の一人称は男女問わず저(チョ:나より丁寧な言葉)か나(より気さくな言い方)を使う。나でこの曲の「僕」のニュアンスは伝わるのだろうか。「僕」が好きな人を応援する、それを女性アイドルが歌うこの「中性的な違和感」を「나」は表現できるのだろうか?わたしは、できないと思う。英語と同じように。

 

一人称だけでも言葉が違えば使い方も違う。そこにはその言葉の成り立ちや文化が関わっている。わたしは言葉を面白いと感じつつ、言葉を極める学問の道を選ばなかった。人称代名詞についての言葉や文化の解釈についてはその道の方々の解釈に任せようと思う。

 

言葉がわかると文化がわかる。文化がわかると言葉の向こうに人がみえる。言葉は今まで知らなかったことに気づかせてくれる。それは楽しいこと、面白いことはもちろんだが、知りたくなかったことまで、言葉がわからなければ知らずに済んだ、知らないまま楽しく過ごせたのにということにまで否応なしにわたしに殴りかかってくる。でもやっぱり、わたしは知らないよりは知る道をこれからも歩んでいきたいと思うのだ。

 

だって、その方が人生楽しめるだろう?

わたしは時々死にたくなることがある

わたしは時々発作的に死にたくなる。なぜかは分からない。生理前のことが多いがそうでないこともある。なんで生きているのかわからなくなり涙が溢れてくる。そんなときはベッドに横たわり涙が枯れるのを待つ。


昨日の夜、その発作が起きた。昨日は生理前ではない。今回の月経周期から初めてピルを飲み始めたのでひょっとしたらホルモンバランスの変化かもしれない。夜10時半、いつもこの時間に寝るのでベッドに入ったはいいものの、突然鬱々とした気持ちになり悲しくなって涙が止まらなくなった。同居している妹も実家に帰っていて今日はいない。沈んでいく私を誰か救いあげてほしい。助けて。彼氏にLINEを送った。「どうして生きてるのか分からない。辛い」しかし、返事が来ない。既読もつかない。家で寝ているのかもしれない。


疲れていたのでこのまま涙を出し切って寝ようかと思ったが、どんどん悲しくなっていくばかりで辛い。そうして泣きながら1時間ほど経ち、ほんの少しだけ気持ちが落ち着いた。このまま家にいてはしんどい。そうだ、彼氏の家に行こう。すでに夜11時半を越えていた。車ですぐ行ける距離に住んでいるので、そのとき着ていたジーンズとトレーナーのまま家を出た。


彼の家に着くと、彼はこたつでうとうととしていたが、わたしが来た音に目を覚ました。わたしはすぐベッドに横になった。しかし彼がいるという安心感からかまた涙が出てきてしまう。隠すけれど分かったようで「何かあったの?」と聞いてくれた。別になにかあったわけではないので「別に」と答えた。今思えば愛想のない答えだが、怒っているわけではない。その後はわたしに何も突っ込まずまた学会のスライドを作っていた。


しばらくして彼がベッドに入ってきた。LINEを見たのか見てないのか、横になって手を重ねてくれた。「今日は帰るのが遅くなってごめんね」と言われた。「いいよ」とわたしは言った。帰りが遅かったから泣いているわけではない。そう言いたかったが涙が邪魔をしてうまく喋れない。「今度またいっしょにごはん行こうね」とわたしは言った。「そうだね」と答えて、抱きしめてそっとしてくれた。


気づかないうちに寝ていたらしい。涙が止まっている。朝起きると夜勢いよく降っていた雨が上がり、太陽が差し込んでいる。「じゃあね、ありがとう」と彼に告げ家に帰った。自分の気分の波に振り回されるわたし。それに彼を巻き込んでしまう申し訳なさと付き合ってくれる感謝とそっとしておいてくれる安心感と。太陽がまぶしくて腫れたまぶたが重く上がらない。