jinheeの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

筋トレのおかげで確実に筋力がついてきた!

きょう、師範練習がありました。師範代から形を教わるとき、途中で師範代がポイントをお話しされるので、形の途中の四股や猫足立ちの形でずっとその話を聞きます。これがもうしんどいしんどい。いつもは腰があがってしまうのですが…


きょうは、しんどいながらも脚の疲労に耐えて四股や猫足立ちをキープできたんです!


最近、部活以外にランニング・筋トレ・形の自主練を頑張ったからでしょうか。四股立ちを長くしていると脚がガクガクブルブルしますが、それでも腰をあげずに済んだんです!すごい!自分!


師範代は優しい方なので、形のお話しの間少々腰が上がっていても注意されないのですが、わたしはできる限り腰を上げないようにしてきました。意識しても、どうしても脚が耐えられなくて、腰を上げて休憩していました。そんないつもと違って、腰が上がらなかったよ…!やったね!


いやー、ランニングと筋トレってすごい!
自分がやっていることは正しいと自覚できた一日でした(●^o^●)

福井県永平寺町「道の駅 禅の里」に売っている「ピクニックコーン大福」がめちゃ美味

大学生の素晴らしい特権。それは「空きコマ」。医学生は世の大学生に比べると空きコマは少ないが、少ないからこそ空きコマを愛おしく、大切に使おうという気持ちになる。

そんなわけで、きょうの午前中、空きコマを利用して行ってきました。
「道の駅 禅の里」
ここは、福井県永平寺町の国道416号線沿いにある道の駅です。ブースでは永平寺町の特産品がたくさん売られています。お酒、パンなど思わず買いたくなるのをグッとこらえて、目的のアイツだけを購入しました。

彼の名は「ピクニックコーン大福」。そもそもこの道の駅に行ったのも、ファミールという福井のフリーペーパーにこんな記事が載っていたからなんです。
f:id:jinhee:20160609115138j:plain

そして、これがお目当てのピクニックコーン大福。
f:id:jinhee:20160609115217j:plain
道の駅内のきれいな休憩室でも1個食べたんですが、このときカメラを持っていなくて、2個目を車の中で食べたときに写真を撮りました。原材料名はこちら。余計なものが入っていない分、賞味期限は1日2日程度です。
f:id:jinhee:20160609115304j:plain
まわりのもちもち餅がめちゃくちゃ美味しいです。求肥も黄色くて、ピクニックコーンが練り込まれていると思います。中の餡には永平寺町特産のピクニックコーンがごろごろと入っています。餡には生クリーム・バター・卵黄・つぶつぶコーンが練り込まれているそうで、とってもクリーミー。
f:id:jinhee:20160609115352j:plain

売場には、冷凍のものと冷蔵のものがあって、わたしはまず冷蔵のものを食べました。冷蔵だと、とてももちもちのび~る食感を味わえます。クリーミーさが増します。そして、車で家に帰る間に冷凍のものが少し溶けたので、それも食べました。半解凍だと、求肥が少し固くて、ちょうど雪見だいふくの餅みたいな感じです。そして、中の餡がシャリシャリしていて、夏場に食べるとめっちゃ美味しく感じると思います。
f:id:jinhee:20160609115427j:plain
きょうは行かなかったんですが、横に永平寺温泉という温泉もあります。今度は友だちと行ってみよ。

福井県に旅行されるとき、永平寺や勝山の恐竜博物館に行かれる際は、ぜひ「道の駅 禅の里」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


道の駅 禅の里のホームページはこちら。
michinoeki-zennosato.com


さて、学校行こう。


追記、プレビューを見たら、写真がすべて横向きになってたんですけど、治すのが面倒なのでご愛嬌ということで。

初の第7ギョーザin金沢は美味しかった

きょうは第7ギョーザを食べるためだけに金沢に行って、ホワイト餃子をたらふく食べたらすぐに福井に帰ってくるという、ただただ第7ギョーザのためだけのドライブをしました。


第7ギョーザの店は、ホワイト餃子も美味しいけど、その同じ餃子を揚げずに茹でてスープに入れた汁餃子も美味しい。


行列に驚いたし、並んでる間に彼氏とは会話のネタが尽きて、列にいるショッキングピンクのシャツを着た金髪リーゼントのお兄さんを見ていました。2次元の世界にしかこんなファッションのひとはいないと思っていました。


とにかく、これだけ並んで初めて食べたホワイト餃子は、とても美味しかったです。女ですが、これなら大の15個もペロリと行けそうです。


金沢へいらっしゃった際はぜひお食べください。


追記。お風呂がたけるのを待ちながらこれを書いていたのですが、お湯はりボタンを押し忘れていてお湯が自動で止まらず、いまお風呂に行ったらお湯が湯船にいっぱいいっぱいになっていました。なかなかお風呂がたけたお知らせが鳴らない、変やと思っていました。



こんなにお湯がたぷんたぷんでもなあ。

試験終わりのごちそうは、最高だー!

きょう、神経の試験が終わりました。臨床の講義がはじまって以来、おそらく一番分量があった科目で、かつ、空手部主将のお仕事もこなしながらだったので、とてもハードでした。


神経の生理学、薬理学、小児、てんかん、病理、神経内科、脳脊髄外科から出題されるので、勉強していて
「まだこんなにプリントあるやん」
と絶望しました。60点あれば合格、なくても再試があります。たぶん、受かったと思うけど、、落ちてまた勉強することになっても、神経ならまあいいです。身になるでしょう。


ところで、重い試験が終わった後って、なんて解放感があるんでしょう。空手の練習・自主練、西医体エントリー、大会出場、新入生とのやりとり、お金のもめごと・・・、それらをこなしながら勉強し、なんとかやりとげたこの感じ。


ついさきほど、授業が終わってから友だちと3人でくら寿司に行きました。感染症の授業で、生魚の話題になったので、誘ってきた友だちはお寿司を食べたくなったそうです。(感染症なので、食べたくなくなるのが普通だと思いますが・・・)そこで感じた解放感。
みかんサーモン、美味しい。わたし、がんばったなあ。
しみじみと感じました。


試験も部の仕事もまだまだ続くけど、ここで一区切り。きょうは休んで明日からまた頑張ろう。そう思わせてくれたくら寿司でした。


食べ物って、解放感と自分へのねぎらいを一番感じさせてくれるものだと思います。


仕事終わりの一杯のビール。試験を乗り切った後の焼肉。歩き疲れたあとのコーヒーとケーキ。最近ハマっている、暑いなかのティラミス氷。こういう食べ物たちは、ただ食欲を満たすだけでなく、心地よさを与えてくれます。


わたしは今回くら寿司で癒されましたが、これを読まれたみなさんは、なにを食べて癒されていますか?


よかったら、コメント欄、もしくははてなブックマークTwitterなどでコメントしていただけると嬉しいです。なにに使うわけでもありませんが、ただ知ってみたいんです。


きょうはゆっくりお風呂に入って休みます。みなさんも、いい夜を。

いまのわたしは

生きていると、


マジで暇なときもあれば、マジで忙しいときもありますね。


いまは部活と神経の試験勉強が大変です。


現状報告でした。

女子校育ちのわたしが男子とのコミュニケーションを上手くする方法に気づきました

わたしは中高一貫の女子校出身で、家族には男兄弟はおらず、塾にもあまり通わなかったうえに、通っていた短期間で男の子としゃべることはなく、何が言いたいかというと、中学・高校生男子としゃべったことがほぼないのです。


小学校を卒業して以来皆目男子としゃべらなかったのが、大学生になって同年代の男子としゃべる機会がとても増えました。そして、あることに気づきました。男子としゃべるとき、少し声が高くなっているのです。緊張しているのか、無意識に媚びているのか。女子としゃべるわたしじゃない。


男子とは普通にしゃべっていたつもりでしたが、実は肩に力が入っていたことに4年生にしてやっと気づきました。2年の時の解剖実習なんて、うちの班は女子ひとり男子3人だったので、男子に囲まれてそりゃあ肩がこるわけです。あのときは変に気疲れしました。


去年、彼氏ができて男に慣れたというのと、彼氏から男の扱い方を教わったからか、男子相手に普通にしゃべれるようになってきました。そこでわたしが学んだことは
「男子は雑に扱っていい」
ということです。どう接していいのかわからないので、実習班では男子にたくさん話しかけたり、女子っぽさを出そうと声をちょっとキャピキャピさせたりしていました。でも、そんなことをする必要はなかったのです。声は素でいい、無理に笑顔を作らなくてもいい、別に話しかけなくてもいい。仲良くなりたいひととは、ただ一緒になにかをすればいい。それだけでいいんだとやっと分かりました。


空手部の新入部員向けメニューを本格的に作り始めるんですが、彼氏から
「男は筋肉痛にさせてナンボ」
と言われているので、ここでも男は雑に、めっちゃ身体を鍛えさせるつもりです。女子はもうちょっと丁寧に接してあげるからね。


中高6年間の女子校育ちで、かつ家でも母や妹とたくさんしゃべる環境だったせいか、女の共感コミュニケーションに染まりすぎた気がします。
「きょうこんなしんどいことがあったんよ~」
「あぁ、それは大変やったね」
みたいな共感。男子にこんな共感は必要ないのです。むしろ、一緒になにかをする、もしくは同じ場所で一緒に過ごしながら、それぞれが別々にやりたいことをやる。男子とのコミュニケーションはそれでいいのです。共感はいらない。雑でいい。


というわけで、男社会の医学部にやっと慣れてきました。共感がいらないコミュニケーションというのも楽ですね。彼氏には感謝です。


男のひとと上手くしゃべれない女子に届きますように。

小さな部活で主将をやっていて心から思ったこと

f:id:jinhee:20160519192643j:plain
(全世界待望の伝統空手マンガ、てのひらの熱を1巻より)


わたしはいま空手部で主将をやっているんですが、この空手部というのがとても小さな部活で、部員は1年生から6年生まで合わせて常に10人くらいしかいません。そんな小さな部活で主将をやっていて、心の底から思ったことを三つあげます。


ひとつめ、次の主将には部員から部活を辞めます宣言を聞かせない。
わたしが主将になってから、2人の後輩から「空手部を辞めます」宣言を聞きました。2人ともほかにやっていた部活・サークルを優先するために、空手部を辞めました。もともと、辞めそうな雰囲気はしていましたが、いざ本当に辞めます宣言がくると辛い。いま入ってくれた新入生たちが辞めないように、必死で空手をやって汗を流している姿を見せ続けようと思っています。


ふたつめ、必死な姿にひとは惹かれる
今年、空手部には新入生が4人入ってくれました。去年はゼロ、多くて3人入るかな?という小さな部活なので、4人というのは素晴らしい。主将として、新入生のひとに対して
「空手部にまた来たい」
と思わせるためにやったことはただ一つ。必死に空手をすることです。
新入生が練習に来ても、新入生のペースに合わせすぎない。上級生は次の試合に向けてふつうに練習する。新入生にはチョコチョコと動き方を教えるけど、メインは自分たちの練習。それを頑張る。
その必死に汗をかく姿に4人とも惹かれたようでなによりです。
4人は入部すると決めてくれたので、そろそろ西医体に向けて新入生にも空手の基礎を教え込んでいこうと思っています。


みっつめ、自分は試合に出なくてもできるだけ大会にはついていく
少人数で遠くまで運転して、空手の試合に出るのは実にデンジャラスです。何がおこるか分かりません。部員から、試合に棄権します、大会も行きません、と連絡があるとわたしはとても不安になります。だれかがケガをしたら、しんどくなって運転できなくなったら、病院について行ったり、運転を交代できるひとが一人減るということです。たとえ試合に出なくても、フリーで動けるひとが試合のときにいるとどれだけ心強いか。試合の動画も撮ってもらえるし、防具や旗も持ってもらえる。
わたしは今度の西医体で主将を交代し、その後は今ほど試合に出なくなりますが、できるだけ部員と一緒に大会に行きます。空手部員が安心して空手をするために、わたしなんかいくらでも使ってください。


以上、小さな部活で主将をやっていて心の底から思ったことを三つあげました。わたしが大学に入って空手部で主将をするなんて、中学高校の知り合いには想像もつかないことでしょう。


実は先ほど、今週末に出場予定だった試合を部員全員で棄権しました。もともと4人で出場予定でしたが、2人がケガして大会に行かないと連絡があったのです。残された2人で遠くまで運転し、一泊して空手の試合に出た後また運転して帰るのは危ない。そう考えて棄権しました。
わたしはものすごくこの試合に出たかったです。正直言って他の人のケガで出れなくなったのが辛くて、家にある食料をヤケ食いしました。


でも、いっぱい食べて元気が出たので、こうやってブログを書いたり、次の試合や西医体に向けてまた頑張るかー!と思えるようになりました。


主将をやっていると、いろんなストレスを抱えます。空手は楽しいけど、やっぱり責任は大きい。西医体が終わって幹部を交代したら、いっぱいケーキを食べることにしています。上本町のなかたに亭がいいです。