jinheeの日記

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

アップルパイ・プリンセス

 

 何を言いたいのか分からないけど、なんか、いいなって思ったことだったのでツイートしました。 

 

 今週末にでもアップルパイ、作ります。

お米をしっかり食べる時って脂肪が減る気がする

 というタイトルではじめたものの、科学的なエビデンスはよう知りません。はい。

 朝昼晩しっかり米を食べて食欲を黙らせ、おやつも冷凍してあった米を解凍して食べたり、炊飯器に残ってる米を食べたりすると他に余計なおやつを食べなくて済むので、意外と脂肪が減る、という話です。米って水分たっぷりで脂質の少ない糖質じゃないですか。お腹持ちがいいし、おやつには最高なんですよ。脂質の少ないタンパク質だけだとお腹が減るし、そもそもおやつのときはなぜか糖質を食べたいので、ご飯。プロテインもいっしょに飲むけれど。

 パンは腹持ちがよくないからすぐお腹が減るし、なにか具や蜂蜜なんかと食べてしまうから、結局いっぱい食べてしまいます。その他お菓子は無論あるだけ食べてしまう。脂質と糖質を何気に大量消費するのですが、やはり米はいっぱい食べても脂質は少ないし、水分でかさ増しされてるからそこまで糖質も多すぎないし(イメージ)、なにより米単体だとスナック菓子ほどたくさん食べられません。

 お米は太るイメージがありますが、わたしの場合お米を毎日2合炊いてる時期こそ脂肪が減る気がします。だから減量期こそ米の消費がとても早いです。

 米とは関係ないのですが、先日実家を離れてから五年目にして初めて、鰹節から出汁を取り味噌を溶かして白菜の味噌汁を作りました。今まではインスタントや顆粒だし、出汁入り味噌を使っていたのです。

 その味噌汁を作った日は、朝起きて味噌汁を作り、炊きたてのご飯で朝食という、別にこれといって難しいわけではないのですが、なぜか優雅に感じるご飯を食べました。最高にご飯に合う味噌汁だったのですが、こういう糖質脂質の少ないスープがご飯には合うのです。菓子パンを朝ごはんにするより絶対脂肪が付きにくいですよね。

 現在ゆるやか〜な減量中なので、米をたっぷり炊いて食欲を黙らせていこうと思います。それでもなお米以外のおかずも結構食べるのですが…。

 玄米のほうがお腹持ちがいいのかもしれませんが、うちは無洗米です。炊きやすいからです。 

SSRを引く確率と課金額に相関はある…のか


f:id:jinhee:20170926212654j:image

デレステ始めました - 基礎ジニ学

 7/26のブログでデレステを始めたことを書いてちょうど2ヶ月。あきることなく順調に勧められております。(↑の記事にのせたスクショのスコアと比べてみてくださいm(_ _)mだいぶ成長してます)

 スマホを買い換えたときにGoogle Playからアプリで自由に使える500円をもらったので課金はそれプラス100円のみ(一日一回の120円ガシャ×5回)。この五回のうち三回目で奇跡のSSR浜口あやめちゃんをゲット。そこから10連ガシャを何回か引いて出てきたSSRは限定しゅがはちゃん二枚、限定もりくぼ、雫ちゃん、杏、ゆっきー。

 無料10連ガシャ期間があったものの、2ヶ月でSSRを7枚引いたので引きはいいほうだと思います。デレステをやってない友達にSSRの出る枚数が人によって全然違うという話をしたら

「SSRをどれだけ出したらどれだけ課金するのかを密かに統計をとってるのかもよ。SSRをたくさん出したら課金が少なくて、SSRを少なくしたら課金が多くなるとか、データにしてるのかも」

と言われました。真相は知りませんが、あり得る。

 ガシャだけでなく、MASTERをフルコンする力もついてきました。レベル24までならなんとかフルコンできます。それ以降やMASTER+のフルコンは全くできません(T-T)

 彼氏との共通の話題が増えて嬉しいです。

子宮をもぎ取るプロ

 中学高校時代はぜんぜん生理痛が来なかったのに、大学生になってから生理痛やだるさが来るようになって苦労しています。こんにちは、ジニです。

 きのうから月経が始まり、生理痛があるときにはロキソニンのお世話になっているのですが、きょう実習前に薬を飲んでいなくてポリクリ中に重い下腹部痛にみまわれたとき、

「子宮をもぎとりたい」

と思ったんですよ。で、ふと、

「そうだ、この敷地内には子宮をもぎ取るプロたちがいるんやった」(産婦人科)

と思って、普通は実現しそうもないただの妄想がここでは普段から行われているんだと、なんだか恐ろしい気持ちになりましたとさ。

後輩がめちゃくちゃいい奴

 きょうの出来事はすべてこれに尽きる。。

女医の結婚3分の1ルール

 先生たちの間でまことしやかに語られる噂である「女医の3分の1ルール」。それは「女医の3分の1は結婚し、3分の1は結婚したのち離婚し、残りの3分の1は結婚せずに生涯独身のままで終わる」というもの。これに対し、「3分の1も結婚できないのか…」とか「結婚できてもこんなに離婚するんか…恐ろしい」と嘆く女子は多い。男性医師のなかには「男の医者はだいたい結婚できるけど、女性の皆さんは…まあ、学生時代か研修医のうちにがんばっていい相手見つけてください(笑)」と言う人もいる。

 先にあげた人たちは人生において結婚を重視しているか、結婚はみんながするから自分もしないといけないんじゃないかと感じてる人なんだと思う。でも、わたしは「医者になったら離婚しても独身でも女ひとりで生きていけるんやな。めちゃくちゃええ職業やな。」としか思わない。それだけちゃんとお金をもらえて、社会的にも高く認められた職業で、いろんな働き方があるということだからだ。「いつでも、どこでも、なにがあってもお金をもらえて、みんなに必要とされるのは医者だ」と思って医学部に来たので、3分の1ルールを聞いても「やっぱりわたしが思ってきたことは正しかったんだな。女がひとりになってもしっかり生きていけるんだな」という確信しか得られない。

 いつでも、どこでも、なにがあってもお金をもらえて、みんなに必要とされる。そんな効果を発揮する医師免許の威力は大きいし、まだ医師免許を持っていない学生のわたしは大きいことをほざいても所詮は「ただの人」なので、とりあえずこのまま医学部で普通に勉強しようと思うのでした。