基礎ジニ学

医学部生

わたしが”ええかっこしい”を嫌いなのは自分が”ええかっこしい”だからかもしれない

皆さんは”ええかっこしい”という言葉をご存知だろうか。


これは大阪弁で「かっこつけたがるヒト、モノ、コト」のことである。


大阪人は皆、”ええかっこしい”が嫌いだと思うが、わたしも例に漏れず”ええかっこしい”が嫌いである。


昔から「あいつは”ええかっこしい”や。気に食わん。」とか「あのブランドは”ええかっこしい”やからあそこで服は変わん」とか思って”ええかっこしい”に対する憎しみを育み続けた気がするが、わたしはわかった気がする。


なぜ自分は”ええかっこしい”が嫌いなのか。


それは、


自分も”ええかっこしい”だからである。


自分も他人からカッコいいと、よく見られたいのである。大していい服を着ているわけではないけど、着ている服はおしゃれだと思われたい。8頭身でもなければ小顔でもなければ痩せているわけでもないけど、スタイルはいいと思われたい。食事制限してるわけじゃないし脂肪ものりにのってるけど、筋トレしててかっこいいと思われたい。


たいして良くもないのに、ジニちゃんはかっこいいと思われたい。良く思われたい。


でも、現実はなんにもかっこよくない。


だから、本当にかっこよく見える人を、本当にかっこつけれている人を”ええかっこしい”だと思い、憧れ、嫉妬し、憎むのである。


例えば、わたし個人の感情の域からは外れるが、


大阪人はだいたい京都を嫌いなもので、「京都は”ええかっこしい”や。嫌いや。」と思う人が多い。


わたしも大阪人としては京都にいい感情ばかりを抱いているわけではない。むしろ嫌いだ。


錦市場に行けば、京野菜というだけで大根の漬物が相場の何倍もの値段で売られているし、店の歴史が長いことを主張してくるのも嫌だ。寺が観光地化しているのも、「これこそが日本だ。This is THE Japaaaaaaan!!!!!」ヅラしているのも嫌いだ。大阪にも伝統ある高級料亭があるにもかかわらず、歴史ある寺や街並みや城があるのに、他県民から「大阪はグリコ、お好み焼き、たこ焼き、それが終われば夜は京都の日本料亭。泊まるのは京都の和風リノベーティッド長屋。え?大阪?料亭なんてあるの?」と思われるのも癪である。


ただ、この大阪人の京都に対する鬱屈した感情も、すべては自分たちも”ええかっこしい”だからである。


もっとよく見られたい。かっこよく思われたい。大阪も高貴で素敵だと思われたい。


それだけなのだ。


つまり、”ええかっこしい”を嫌う気持ちとは「嫉妬」なのである。


自分は、自分がかっこいいと思うものに対して、嫉妬しているのである。


そして、”ええかっこしい”と思うとき、自分が嫉妬しているものが「自分かっこいいやろ?」とこちらを向いて笑っている気がしているのだ。


なんだ、”ええかっこしい”と思う度に
「わたしはなんて偏見にとんだ嫌な人間なんだと、なんて屈折しているんだ、なんで素直にかっこいいと思うものを称賛できないんだ」
と思っていたが、これはただの嫉妬だったのである。


わたしもかっこよく見られたい。とってもマーベラスでファビュラスで素敵な女性だと思われたい。


でもそう見られようとしてふるまうとただのわたしが嫌いな”ええかっこしい”に成り下がってしまう。


自分は”ええかっこしい”が嫌いだけど、いまの自分はただの”ええかっこしい”だし、そんな自分を嫌だと思う。しかし、自分のことが嫌いでも、”ええかっこつけたい”という潜在意識はきっと生きているうちは消せないわけで、ただただ地を這って生きないといけないのである。


そんなことを考えた夜。

お金を稼ぐよりお金を使わない努力をしたほうがお金が貯まる

お金を貯めるには

「同じ時間を使うなら、お金を稼ぐより、お金を使わない努力をしたほうが効率がいい」

と学ぶ日々です。

いまは学生で、バイトといっても実習があるから大した時間できませんし、大した額も稼げないからそう思うんだと思います。

とはいっても卒業旅行のお金を作りたいので実習や趣味の邪魔にならない程度にバイトはしますが、どちらかというとお金を使わない努力をしています。

ダイエットで、運動して代謝量を増やすより食事を減らしたほうがすぐに痩せるのと同じですね。

がんばります。

【医学部入試】指定の県で9年間働く義務のある地域枠に出願するときは、事前によく考えましょう


わたしの周りにも「奨学金をもらうかわりに9年間指定県内の病院で働くと、奨学金を返還しなくていい」という地域枠で入った人たちがいるんですが、正直この枠を受けるかどうかは医学部に入る前に本当によく考えるべきだと思います。


わたしが知っているひとのなかには「9年ここで働かなきゃいけないけど、別に奨学金をもらってなくてもずっとここにいたし、これでも全然いいよ」というひとたちもいるのですが、その一方で「なんで大学受験のときの俺はこんな奨学金に申し込んでしまったんだ…なんで地元に帰らなきゃいけないんだ」と嘆くひともいます。


医学部に6年もいると、入学してから本当に多種多様で複雑でなによりも大切な人間関係ができるんです。


卒後9年間も入学前に決めた指定の県で働く、ということは学生時代に培ってきた人間関係を切り離さなきゃいけないこともあるんです。


その人間関係には恋人も含まれます。


わたしの知り合いには彼女も彼氏も違う県の地域枠同士というひとがいて、「そんなん、卒後どうするん?続けるん?」と本人も周りも心配になっています。


医学部の6年間でどんな人間関係ができるか、どんな将来を希望するようになるかなんて、医学部に入る前には分からないのです。


みんなそれぞれいろんな事情があるのはわかっています。


ただ、学費が足りない、ということなら他の奨学金もありますし、推薦入試を受けたいということなら卒後の進路を縛られない全国枠もあります。


わたしの出身高校は医学部進学者が多い学校だったので、進学説明会で進路指導の先生が「卒後進路を縛られる地域枠を受けるときは、本当によく考えてから受けなさい」とおっしゃっていました。


それでわたしは地域枠を避けようと考えたのですが、「なんで大学受験のときの俺はこんな奨学金に申し込んでしまったんだ…」と嘆く友達は「俺もその説明会受けたかった.....まじで。どうせ地元帰るやろと思って受けちゃったよ。」と言っていたので、代わりにわたしがブログで伝えようと思って記事にしました。


お金で将来をしばられるということをよく考えてから、奨学金をもらえる地域枠に出願するか決めましょう。


(*奨学金のない地域枠推薦入試もあります)