jinheeの日記

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

彼氏と梅田デートして、HEP FIVEの観覧車で愛を語りあいました

スポンサーリンク

昨日は梅田で彼氏とデートして、HEP FIVEの赤い観覧車に乗りました。大阪には私の実家があり、梅田は私にとって買い物するのにお馴染みの場所。だからこそ、あの赤い観覧車にはめったに乗りません。このデートが三回目の観覧車でした。


ですが、確実に、私の人生の節目節目でこの観覧車がいたのです。


一回目は8歳の時。家族でこの観覧車に乗りました。なぜこのとき、普段は乗らない観覧車に乗ったのか忘れました。とにかく写真が残っていますし、私の記憶にも残っています。


二回目は高校生の時。部活のメンバーで梅田を歩いていて、時間があったので観覧車に乗りました。みんなにとっても梅田の観覧車は「いつも横を通るけど乗らない」存在。地元民だけど、観光名所の観覧車に乗るのは新鮮でした。
「家見えるかなー?」
とか
「学校あの辺やー」
とかワイワイやるのが楽しかったです。


三回目が今回。恋人と観覧車。この観覧車に一緒に乗ったのは家族→友達→恋人。私の成長を感じられるなー、なんて話を待ち時間に彼氏に言ったあと、私はふと
「次も『家族』がいいね」
と言いました。彼氏は
「うん、そうだね」
と答えてくれました。ありがとう。


昨日は実家に彼を連れてきたり、彼を梅田で連れ回したりしていました。インデアンカレーはとてもお気に召してくれたようだし、初めてのヨドバシカメラの人混みに驚いてくれました。スカイビルからの眺めも楽しめたし、観覧車も一緒に乗れました。


彼にとって初めての大阪が、楽しい場所として印象に残ってくれたようで本当に嬉しいです。HEPの観覧車が、次は彼との『家族』で来られますように。