jinheeの日記

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

喋らない美容師さんっていいよね

スポンサーリンク

きのう、行きつけの美容院でいつもお世話になっている美容師さんに髪を切ってもらいました。わたしはその美容師、Nさんが大好きなんですけど、彼のいいところは、三つあります。

①髪を切っているときに話かけない
②髪の乾かし方とスタイリングの仕方をしっかり教えてくれる
③わたしの髪質を考えて髪を切ってくれる

つまりは腕のいい美容師さんなんです。

まずはひとつめ。わたしは髪を切られている最中に話しかけられると、
「わたしと話すよりカットに集中してほしい・・・!」
と思ってしまうので、話しかけずにカットに集中してくれる美容師さんが大好きです。

いつもわたしが眠そうに目を閉じているから、そっとしといてくれるだけかも。。。

ふたつめ。わたしはショートカットなので、髪を乾かしたり整えたりするやり方次第で髪型が変になっちゃうんです。だから、ドライヤーのかけ方やスタイリングの方法を教えてもらえるとすごく助かる。わたしの美容センスはゼロですし。

Nさんはカットが終わり、髪を洗ってドライヤーをかけるときいつも手入れの仕方を教えてくれるので、ジニはうれしいです。

みっつめ。Nさんは髪質を考えて切ってくれるんですよ。わたしの髪は天パとまではいきませんが、一本一本がクルクルしているうえに髪の流れがうねっているので、切るのが大変だとよく言われます。Nさんはつむじの位置や、髪の流れを考えて切ってくれるので、ナチュラルに仕上がります。

きょう言いたかったのは、美容師さんはカットの最中にそんなに喋らなくていいから、髪を切るのに専念してほしい、カットの技術を磨いて欲しいということです。お喋りはいいから、髪の手入れの方法を丁寧に教えて欲しい。髪型の流行を勉強してほしい。

わたしは、この福井で、いい美容師さんに出合えて幸せです。
美容にズボラなもので・・・。