jinheeの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎ジニ学

医学生が心の澱を吐き出しています

外出するときスマホを持ち歩かないと、生活にメリハリがつくようになった

オススメ 雑記

スポンサーリンク

こんばんは。ジニです。前置きが長いので、スマホを持ち歩かなかったメリットを知りたい方は前置きをとばしてくださって構いません。

突然ですが、最近あえてスマホタブレット、パソコンといったネットにつながる端末を何も持たずに外出する機会を増やしました。家にいるときやそれら端末を持ち歩いているときも、スマホタブレットをほとんどの時間、機内モードにするようになりました。そして、朝と晩の2回にパソコンを立ち上げてメールやLINE、SNSのチェックをするようになりました。(誘惑に負けてタブレット機内モードを切ってtwitterを見ることはありますが・・・。)

それはただ、家でぼんやりしていると用もないのにスマホタブレットを触ってしまうからです。最近はいい加減、USMLE(アメリカの医師国家試験)の勉強をしなければ、ああ、めんどくさいと考えながら家でごろごろする日々が続いております。ただごろごろしたり読書したりゲームしたりするのは楽しいからいいのですが、一番やって罪悪感があるのがタブレットをつい触ってしまうことです。

タブレット(nexus9)を手に入れてからは、スマホからSNSのアプリをほとんど消しました。スマホを触りすぎないようにという目的です。スマホで使っているのはLINE、メール、電話、カメラ、たまにアラームくらいです。そして、タブレットにははてなブログ、note、twitterGoogle AnalyticsGoogle Adsenseを入れました。ほかにも家計簿アプリのおかねレコなどこまごまとアプリをダウンロードしましたが、家にいてつい触ってしまうのは先に挙げた5つのアプリです。別に大した通知もなければ、大したアクティブユーザーがいるわけでもなければ、大した広告料があるわけでもないのについ見てしまう。ついでにネットーサーフィンまでしてしまう。スマホからはいろんなアプリを消したけれど、家でネットがつながるかぎりタブレットを触ってしまいます。結局のところ、ネットにつながるかぎり端末を触る人間のようです。

タブレットを触ってハッピーになれるのなら、それはそれでいいのですが罪悪感ばかりがつのるのでよろしくない。
「ああ、またわたしの貴重なはずの時間がtwitterに失われてしまった」「この時間に本を読んだりテレビを見たりしていたらこんな罪悪感はなかったのに。ああ、楽しかった、それで済んだはずなのに」

wifiルーターの電源を切ったり、スマホタブレットの電源を切ったりといろいろなことをチャレンジしてきましたが結局続きませんでした。何をやっても結局電源をつけてネットを見てしまう。最近は機内モードにしてもそれを切ってネットをしてしまうことがあります。結局のところ、ネットがつながる環境にいる限りそれら小細工は焼け石に水なのです。

ネットを触らないようにする一番の方法はとにかくネット端末を持たずに家から出ることだとようやく気付きました。正直なにかあったら怖いし、電話も掛けられないのは大変です。ですが、いわゆるデジタルデトックスというやつでしょうか。メリットがたくさん見えたのでご紹介しようと思います。(以前、携帯電話のありがたみを知る機会がありました。そのときの記事はこちらです↓)
jinhee.hatenablog.com

スマホタブレットを持たずに外出するメリット3つ

①自分のやっていることに集中できる

本を読んでいるとスマホの通知がなって、スマホを取り出し確認し、あっこの記事面白そうといってそのサイトに飛び、twitterでシェアしてついでにタイムラインをみて・・・

こんなことはしょっちゅうあったのですが、スマホを持っていないとそもそも通知の知りようがないので読書に集中できます。集中して読むとどんどん先へ読めるし、文をしっかり読めて楽しいです。

②家に帰ったらやることを自然と考えられるようになる

スマホがあればその場で思い出したメールを送ったり、検索したりします。ですが、スマホがないとメールは送れないし、ググることもできない。
「家に帰ったら◯◯先生にメールを送らなきゃ」
「外じゃグーグル検索できないから、家にいるうちに映画の開始時間を調べておこう」
こうやって思いついたり調べたことをメモ帳に手書きします。そうすると、家での時間がキビキビとします。家でごろごろうだうだ過ごしていたのに、スマホを持ち歩かないだけでなんという変わりかたでしょう。

③手帳に手書きでメモするようになる

さっきの流れですが、とにかくよくメモするようになります。いままで何冊かスケジュール帳を買ってきました。今使っている3月のライオン手帳はスケジュールを書く欄も、無地のページも多くてメモするのに助かっています。
f:id:jinhee:20160213232324j:plain
やるべきこと、家に帰ったらやること、買い物で買うべきものを書き出しているうちに、自然とto doリストのようなものができあがります。あと、本や行ったお店の感想、値段などもメモするようになりました。

スマホがあってよかった!って思うこともある

緊急のときやうっかりわたしが何かを忘れているときに、LINEや電話で連絡が来るから本当にスマホ様様と思う時もあります。もちろんあります。ちなみにタブレットを持っててよかった!助かった!と思ったことはありません。

だから、絶対にスマホを持ち歩かないというわけではありません。家でごろごろしていてネットをだらだらとみているとき
「はっ!このままじゃだめだ!家から出なければ!!!」
というときだけネット端末を持ち歩きません。で、プチ・デジタルデトックスして家に帰ってくる。パソコンを立ち上げて送るべきメール・LINEを送り、ささっとSNSをチェックして、ブログやnoteを更新して、はいっシャットダウン!

ネット環境がなくてもポメラを持っているので、外出先で何か書きたくなったときはこれで書きます。ポメラを持っていなければ、書きたいことをおおまかにメモ帳に書いておきます。


完全にネットがないのは無理だけど、たまにはネットの世界から離れるのもいい

わたしが言いたいことはここに集約されています。ネットはたまに見るのが楽しいわ。ついタブレットを触る、触った後とても後悔する。これはほんとにネットに依存していると感じました。


<まとめ>

ひさしぶりに意見っぽいものをブログに書きました。これは半分日記、半分意見みたいな感じです。日記っぽいのも楽しいけど、意見を書くも好きやな。ですが、日記っぽいさらさらして生地は20分~30分で書けるのに、この記事は40分もかかりました。はあ。




じゃあねっ